2018.1.25 近江町市場記事を更新しました(クリックすると記事に飛べます)

中国輸入初心者が利用すべき代行業者はどこ?

こんにちはレビューマニアKOROです。

KORO

今回はこれから中国輸入を始めようと考えている初心者が利用すべき代行業者についての記事になります

 

私がこれまでに利用した代行業者とレビュー

  • タオバオ代行-チャイナトレーディング
  • BANRI
  • 淘太郎(たおたろう)

タオバオ代行-チャイナトレーディング

私が中国輸入を行った際に初めて利用した代行業者です。送料的には高めですが、一番見やすく使いやすいインターフェイスです。

チャイナトレーディングのホームページはコチラ

良かった点

使い勝手

これまでに利用した代行業者の中でホームページが一番見やすく、発注方法や手順もシンプル・簡単でどの代行業者より使い勝手良かったです。

利用方法も画像付きで分かりやすく説明されており、利用者のことを考えて作られている点が素晴らしいと思います。

梱包が丁寧

梱包も発泡スチロールなどを使い商品の破損が最も少なかった代行業者さんです。

商品到着が早い

商品到着の速さも他社さんと比べ一番早かったです。

いまひとつだった点

送料が割高

料金は他社より高めです

送料の安さを追求するのであれば、選択すべきではありません。

 

 

BANRI

探したい商品の仕入先を代わりに探してもらえるリサーチサービスというサービス(有料)があります。送料も平均的でFBA直送も行っています。

FBAとは

フルフィルメント by Amazonの略です。

商品をAmazon倉庫に送ることで、 商品の保管や発送・返品対応・カスタマー対応をAmazonが代行してくれるサービスです。

FBA直送とは

自身が仕入れた商品を、中国からamazon倉庫へ直送してもらうサービスです。

BANRIのホームページはコチラ

良かった点

リサーチサービス

こちらの企業のリサーチ依頼書に探してほしい商品を入力すると、有料ですが数日で探してくれます。

どうしても自分で見つけることができなかった際に利用させて頂きました。

 

必ず見つかるというものではありません。

しかし、似た商品なども探してきてくれるのでどういったキーワードで探せば良いかのヒントになり、結果的に自分で見つけ出せたということは何度もありました。

サービスのイメージ画像が多い

「商品にブランドロゴなどを印字するとこんな感じになります」「弊社写真撮影サービスを利用するとこんな感じの写真になります」といった利用イメージ画像が多いので、こんな感じにしたいと指示を出しやすいです。

他国へも輸送してもらうことができる

私は利用したことはありませんが、イギリスやアメリカへも輸送してもらうことができます。

日本以外の国でも販売したい場合は、とても魅力的なサービスかもしれません。

いまひとつだった点

ページが見づらい

利用方法はそれほど複雑ではないのですが、文字数が多く、色味的にも見づらいと感じました。

返答が遅め

私が利用した頃は、問い合わせに対する返答が遅めでした。

利用方法に関して問い合わせたところ2日後に返答がありました。

 

 

淘太郎(たおたろう)

中国輸入代行業者の中ではかなり有名な代行業者さんです。私もメインで利用していました。

魅力は「送料の安さ」や「OEMに強い」ところです。

OEMとは
他社メーカーで製造された商品に変更・改良を加え自社ブランドで販売すること

社長は日本人の方で、年商数億円規模の企業も利用しています。

淘太郎(たおたろう)のホームページはコチラ

良かった点

送料が安い

他社と比べて送料が業界最安値クラスです。商品をまとめて仕入れるほど他社との送料差は大きくなるでしょう。

輸送方法が豊富

小口から大口まで幅広く対応できる豊富な輸送方法が用意されています。

OEMに強い

顧客が多く取引先工場も多いので様々なルートを持っているようです。但し料金はそれなりに高額です。

クレーム対応に強い

他社では受け入れてもらえない内容の返品でも、生産工場に交渉し返品してもらえることがある。

問い合わせに対するレスポンスが早い

問い合わせに対する返答は非常に早いです。

話がどんどん進行していくのでスピード感を持って進めることができます。

いまひとつだった点

インターフェイスが使いづらい

チャイナトレーディングと比較すると直感的に操作することは難しく慣れが必要です。

色味も原色に近い色が多く使われており個人的には文字フォントも見づらいと感じます。

梱包が弱い

送料が安い代わりに緩衝材はほとんど使用されていません。箱などが潰れていたり商品の破損が他社に比べ明らかに多いと感じました。

私がこちらでOEM商品を2,000個発注した時はコンテナ混載便を利用したのですが、あまりにも大きな傷み具合に驚きました。

 

担当者と相談し次回納品分では傷み具合は小さくなりましたが、OEMに限らず梱包は弱い印象があります。

商品到着が遅め

発注から商品到着までが他社と比べ明らかに遅いです。自身で早めに発注するなど調整が必要です。

OEM担当者により力量差が大きい

担当者により知識量や対応方法にかなりの力量差を感じます。良い担当者に当たることを祈りましょう。

送料価格改定が多い

他社に比べ送料価格の改定頻度が多いです。

取引先や取引量が多いので損益が為替に左右されやすいのかもしれませんが、利用者としては気が気ではありません。

中国輸入初心者が利用すべき代行業者

私は「淘太郎(たおたろう)」をおすすめします。

理由は送料が安いからです。

初心者が最初にもっとも重視すべき点は「経験値」です。

 

「仕入れから販売までの流れ」「工場の良し悪し」など全く分からないことだらけですので、最初は数をこなし多くを学んでいくことになります。

いきなり利益を求めるより、なるべく小さな損失で経験値を積もうと考えた方が良いと思います。

 

また、始めてもすぐにヤメてしまうということも無きにしも非ずです。

勉強代を最小限に抑える意味でも送料が安い「淘太郎」をおすすめします。

あとがき

いかがでしたでしょうか。

 

本記事の結論は、あくまで私がこれまでに利用した代行業者の中でのレビューを元にした結論です。

他の中国輸入実践者からみたら「私なら初心者に他の代行業者を利用する」という意見も出るでしょう。

 

それで良いと思います。考え方は人により様々ですから。

しかし、個人が全く未体験の状況に足を踏み込む場合には「石橋を叩いて渡る」くらいがちょうど良いです。

 

企業の一事業としてではなく、個人として中国輸入を始めるのであれば限られた少ない資金を上手く活用していく必要があります。

そのためには、初心者はなるべく少ない投資で多くを経験できるよう考えるべきだと私は考えます。

 

レビューマニアKORO

 

★関連記事

初心者が中国輸入転売を始める前に知っておくべきこと
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です