2018.1.25 近江町市場記事を更新しました(クリックすると記事に飛べます)

DVD DecrypterのI/Oエラーを私はこうして解決しました。20万本コピーした私の解決策

こんにちは。レビューマニアKOROです。

 

皆さんは『DVD Decrypter』使ってエラーメッセージが表示されたことはありますか?

ありますよね?多い少ないは人それぞれですが、DVDデータの「取り込み」や「書き込み」を行っていれば、必ず経験すると思います。

 

私も、過去に仕事で20万本ほどDVDのリッピングやキャプチャ・ライティングといった作業に関わり、嫌というほどエラーに悩まされました。

今日はその中でも、よく起こったエラーに関して、その解決法を書きたいと思います。

リッピングとは
DVDや音楽CDなどのデジタルデータをパソコンに取り込む事です。
ライティングとは
DVDや音楽CDなどから取り込んだデジタルデータをDVDメディアに書き込む事です。

 

DVD Decrypterとは

DVD Decrypter (ディーブイディー・デクリプター)。DVDのディスクイメージを抽出(リッピング)したり、メディアで書き込んだりすることができるフリーソフトです。

 

I/Oエラーと表示されて書き込みできない原因は2パターン

KORO

『DVD Decrypter』で「DVDメディア」に書き込みをしようとしてエラーとなる原因は、突き詰めると「DVDメディア」か「DVDドライブ」のどちらかである場合がほとんどです。

どちらが原因か特定するために、これから挙げる手順に沿って確認してきましょう。

現状を確認しよう

「I/Oエラー」はいつ表示されましたか?

①ライティング開始直後  ②ライティング中  ③ライティング終了間際

  1. 次の質問に進んで下さい
  2. リッピングデータが一部(または、全て)が破損している可能性があります。製品DVDのリッピングからやり直しましょう。
  3. ②と同じ。

 

他の作業を同時に行っていませんか?

①行っていない ②行っている

  1. 次の質問に進んで下さい。
  2. 書き込み作業はCPU負荷が非常に大きいです。並行作業していることで、あなたのパソコンに負荷が掛かり過ぎている可能性があります。他の作業を一旦全て閉じてから、再度、ライティングを行いましょう。

 

「DVDドライブ」に「空DVD」がセットされており、しっかり認識していますか?

①問題ありません ②空き容量が上限容量と同じになっていない ③ドライブに空き容量も上限容量も表示されない

確認方法

マイコンピュータを開き、ドライブの空き容量が表示されていて、上限の容量と同じ数値になっているか確認します。

同じ数値であれば大丈夫です。

  1. 次の質問に進んで下さい
  2. 以前に一度使用された可能性があり、なにかしらのデータがはいっています。「空DVD」を用意しましょう
  3. 「DVDドライブ」がメディアの存在を認識していません。もう一度、「DVDドライブ」に「空DVD」を入れ直してみて下さい。それでも変わらない場合には、製品DVD(もしくは、これまで再生できたDVD)を入れてみてください

再生できる ⇒ あなたの「DVDドライブ」と「空DVD」の相性があまりよくありません。別の「空DVD(国産)」の購入をオススメします。

再生できない ⇒ 「DVDドライブ」が破損している可能性があります。修理か、新しい「DVDドライブ」を購入しましょう。

 

どれにも当てはまらない場合には…「DVDドライブ」が原因である可能性が高い!!

「DVDメディア」が原因である可能性もゼロではないのですが、国産の「DVDメディア」を使用しているのであれば『DVDドライブ』が原因である可能性がさらに高まります。

 

私が仕事で「DVD Decrypter」を使用していた時は、多くのメーカーや種類の違う「DVDドライブ」を用意し、PCスペックも低スペック~高スペックのものを多数用意し、10台以上のパソコンを毎日10時間以上、同時に作業していました。

 

そして、その膨大な作業量から分かったことは以下のようなことです。

20万本のDVDコピーからわかったこと

リッピングやライティングの成功率はPCスペックに比例しない

高スペックのパソコンでも失敗することは多々ありました。逆に、低スペックでもほとんど失敗しないようなパソコンもありました。

 

そして数あるパソコンの中で、一番成功率が高かったのが、意外にも『もっとも低スペックのパソコン』でした。

 

KORO

つまり、スペックはほとんど関係ないってことです。

 

「DVDメディア」はノーブランドメーカーは避けた方が無難

個人的にはブランドで判断するのはあまり好きではありませんが

  • TDK
  • maxell
  • 太陽誘電

といったメーカーのDVD-Rのライティング成功率が安定していたのは事実として挙げておきます。

 

またライティング後のDVD劣化も遅めで、DVD保管できた年数も長めでした(保存状態にもよりますが…)

最適な保管方法

メディアは年数とともにドンドン劣化し、そのうち再生できなくなります。

少しでも長く良い状態を維持するにはデータのまま保管しておくのがベストです。

データであれば、またライティングし直すことが可能ですから。

 

「リッピング」・「ライティング」の成功率の多くは、「DVDドライブ」によって決まる!!

正直な話、これが一番実感として大きいです。

これまで20万本以上のDVDコピーに関する仕事を経験し、10台以上のパソコン(途中で壊れたものを含めれば、30台以上)を使用してきた中で、成功率は使用する「DVDドライブ」で決まる可能性が一番高いと感じました。

 

実際に、「DVDドライブ」だけ変えれば、リッピング・ライティングが成功するという事例を山ほどみてきました。

 

もし、あなたが「DVD Decrypter」書き込み時にエラーが頻発するようであれば、外付けの「DVDドライブ」を知人などから借りるなどして、再度Tryしてみてください。

きっと、うまくいくことも多いと思いますよ(^^♪

 

私がオススメする「書き込み」で高精度を発揮したDVDドライブ

私がDVDに書き込み時にオススメする「DVDドライブ」は IODATA(アイオーデータ機器)の【DVR-UN16S】です。

2005年に発売されたもので、現在は新品をみることはほとんどありません。しかし中古であればネットでも出回っています。

 

アマゾンや価格.comなどでは在庫切れなどの理由により見つける事は難しいですがヤフオクだと結構見かけます。

 

こちらの「DVDドライブ」は実際に私が今も使用しているものなのですが、私は書き込みが失敗したのをほとんどみたことがありません。

先日も、知人が何をやっても書き込みエラーとなった動画データを、こちらのDVDドライブ使ったところ、問題なく書き込みができました。

 

もし、あなたが書き込み精度の高い「DVDドライブ」をお探しの場合は、是非こちらのDVDドライブを検討してみてください。

注意

【DVR-UN16S】は読込速度・読込精度はあまり高くありません。リッピング作業はご自身のPCに付属しているDVDドライブを使うか、別のものを使用することをオススメします。

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

今回は『DVD Decrypter』の書き込み時に起こるI/Oエラーの対処法のついて書かせていただきました。

エラーが頻繁に起こるようでしたら、是非参考にしてみてください。

 

リッピング方法やライティング方法が合っているのか不安な方はコチラの記事を参考にしてみて下さい。

DVD Shrinkの使い方。ISOイメージファイルでリッピングする基本的な操作手順 DVD Decrypterの使い方。ISOイメージファイルをライティングする基本的な操作手順

 

レビューマニア KORO

Pocket

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です